2019年9月29日日曜日

DENEB班 班長総括

DENEB班 班長総括


みなさん、おはようございます!こんにちは!こんばんは!
DENEB班の班長ウマゴンです!

お久しぶりです(^^♪


きみっしょんが大盛況のうちに終了し、もう2ヶ月が経とうとしています!はやすぎる!!
みなさんはいかがお過ごしでしょうか?

僕はつい最近まで帰省してました!
地元の佐世保で、佐世保バーガーをほぼ毎食食べてました!


高校生のみんなと過ごしたきみっしょんの期間が忘れられず、研究が手につかないので、
きみっしょんを振り返ってみましょー!


まずは、DENEB班の個性的なメンバーを紹介します。

<高校生紹介>


かた
個人的にこれまで会った人の中で、橋本環奈の次に笑顔が素敵な人。
100点満点の笑顔です。
これからもその笑顔で、みんなをなごませてください!
きみっしょんでは、特に手段を考えるとこで頑張ってくれました!
ロボット好きなことを活かして、飛行機やミッションシーケンスの検討では大活躍!
さらに、絵も上手で、最終発表会のスライドに載せる図がめちゃめちゃ上手でした。
絵心がない僕にとっては、非常に羨ましい・・・




はやて
とても高1とは思えない知識量と論理的思考力。
その上、山岳部に所属し、天気もわかるらしい。持久力もすごいらしい。
ぬいぐるみを持たせると、破壊力抜群のかわいさ。
まだ班員のことがよくわからない初日に、ファシリテータを任せましたが、
うまく班を引っ張ってくれました!
宿題で調べてきてくれたのは地球についてでしたが、議論に置いていかれることもなく、
むしろ班を引っ張ってくれてました!




ひなた
ドイツ在住のスーパー高校生。英語もペラペラ。
ドイツのポテトはおいしくないらしい。
それでドイツで生活できるのか不安でたまりませんが、彼の思いやりとコミュニケーション
能力があれば大丈夫でしょう!
終始鋭い意見を出してくれていました。スライド作成では特に頑張ってくれました!
彼のデザインセンスは素晴らしいですね。馬Tでも作ってもらおうかなー。
もっとドイツのとんでもない話が聞きたかった!




ひろっち
オレンジ色が大好きなドS系高校生。
そんなひろっちが、ニンジン好きな班長の班に配属されるなんてもはや運命。
僕に対する容赦のない馬いじりもすごかったです。
きっと将来大物になるでしょう。
DENEB班では唯一の高3でした。
そして、金星の地形に1番詳しかったのは、おそらくひろっちです。
ですが、最初の背景・目的を考えるところでは、みんなが置いていかれないように
知識を共有してくれました。




りりか
火星大好きガール。
将来やりたいことの明確なビジョンがあって、すばらしい。
僕が高校生の時は、まだ虫取りに夢中でした。
DENEB班のミッションの方針が金星探査に決まった時は、りりかのことが不安でしたが、
好奇心旺盛な性格で楽しんでくれたみたいなのでよかった!
特に火星やローバなどの知識量はすごく、その知識を活かしたりりかの意見は
DENEB班にとって貴重でした。




ゆっきー
りりかと同じく、火星好き。
はやてと同じく、山岳部。高校生の1/3が山岳部ってすごいですね。
山岳部の時代が来てますね・・・
ゆっきーは思ったことをバシバシ言う印象です。
また、意見がまとまらない時や、議論が進まない時には、何が今の問題か
整理したりしてくれていました。
班で1つのミッションを作っていく上で、欠かせない存在でした。
それに加え、僕がくだらないことを言ってもいつも笑ってくれる、心優しい子です。



<院生スタッフ紹介>


ウマゴン
その名の通り、馬顔なので、ウマゴン。
人間以外で班長を務めたのは、きみっしょん史上初の快挙。
しっかり者の高校生と院生スタッフのおかげで、
人間じゃなくても無事に班長を務め上げることができました!みんな最高っ。




破壊神かっしー
今年は参加率は低かったですが、毎晩の作業報告会には必ず参加してくださいました。
高校生がどういう風に議論すべきかを悩んでいる時は、的確なアドバイスで導いて
くれました。コメントが鋭すぎて、震え上がっていた高校生もいました。笑
去年は破壊神の異名を轟かせていましたが、今年はそうでもなかったです。笑




うえむー
いつも頼りになるうえむーさん。きみっしょん期間中も頼りにしまくりました。
高校生へも的確なアドバイスをしてくれました。心強かったです。
DENEB班の、お母さんのようで、お姉さんのような存在です。
大量のぬいぐるみで、高校生の心を鷲掴みにしてました。


左: 破壊神、右: うえむーさん


まつけん
学会準備などで忙しい中、時間をつくって来てくれましたー!
特に、手段や定量化を検討するところでは助かりました。
みんなが行き詰まっている時は、合唱部で鍛えた美声を活かし、
応援ソングメドレーを大声で歌ってくれました(大嘘)。
右です


のDIO
みんな大好きのDIO。高校生人気も抜群?でした。
参加できない日も多かった中、みんなの議論にはしっかりついてきて、
アドバイスしてくれていました。お疲れ様会ではスベリ倒してましたが、
笑顔でみんなを癒やしてくれましたー。笑
わさびの恨みは一生忘れない。


全部のDIO


きみしー
大学の講義などで忙しい中、来れるときは必ず来てくれて、福山雅治並の低音ボイスで
アドバイスしてました。意外と助かりました。
きみしーの低音ボイスを聴くと、心がやすらぎますね。目覚まし時計にしたいくらいです。
高校生とは、宇宙兄弟トークで盛り上がってました。


左: MASAHARU、右: 事務局長えみごん


ふじこ
高身長ふじこ。きみっしょん期間中の出席率もかなり高く、頼りになりました。
いつも高校生のことを気遣い、優しくアドバイスをしてくれました。
期間中のDENEB班ブログの添削も毎日やってくれたみたいです。お疲れ様でした。
やっぱ高身長の人ってだいたい優しいですよね。




たく
学会のため初日のみの参加。X線並にエネルギッシュ。
高校生に積極的に優しく話しかけてくれました。
初日の背景・目的を決める重要なところで、5日分の働きをしてくれました。
たくのX線トークに心を奪われた高校生もいたかも!?




ばさたん
いっぱい来てくれました!
スライド作りなどでは、かなりアドバイスしてくれてました。
班長の鳴きマネをして、みんなが話しやすい空気を作ってくれました。
終わったころには、僕と馬友になりました。匕ヒン




いをりん
きみっしょん初参加ながら、大活躍でしたー!本当に頼りになりました。
まじめな性格そのままに、高校生にも真摯に向き合ってくれました。
特に、背景と目的を決めるところでは、論理性をとことん追求してくれました!


いい写真がなかってので、自己紹介ブログから拝借しました。


からっキー
体がでかくて、存在感が強すぎるからっキー。
参加できた日は少なかったですが、みんな顔は鮮明に覚えていることでしょう。
時空を歪ませる特殊能力を持っており、場の空気をなごませてくれました。
時空を歪めるポーズっ!!


トトロ
初日のみの参加。しかも、晩ご飯からの参加。
トトロという名前の通り、レアキャラでした。
みんなほとんど顔も覚えてないと思います。
僕もあんまり覚えてません。
宇宙論トークなう?(トトロは右です)


やぎっち
同じく、初日のみ参加。美味しそうにご飯を食べてました。
全然覚えてないですが、何か核心をつくアドバイスをしてくれてた気がします。
ありがとう。ありがとう。
実はダーツのプロ。


決してきみっしょん期間中のやぎっちではありません

とっちー
きみっしょん本番は不参加の予定でしたが、結局参加してくれました!
ミッション作成大詰めのタイミングだったので、なかなか高校生とも話せなかった
のではないかと思います。
本番前の準備も含め、いろいろと意見をしてくれてすごく助かりました!


箸を可愛く、くわえるとっちー

ここからは、楽しかった5日間を振り返ってみましょー!


<きみっしょんスタート>


1日目
溶けそうなくらい暑い中、班長たちは淵野辺駅にみなさんを迎えに行きました!
DENEB班は比較的早く集合してくれました!
しかし、はやては1人だけ遅刻してきたので、集合写真には映ってません。笑
淵野辺駅でパシャリ


宇宙研に到着後、まず、オリエンテーションを行いました。
これから始まる5日間に、みんなワクワクです!


その後は班にわかれてアイスブレイクを行いました!
アイスブレイクとは、初対面のみんなが打ち解け合うためのイベントです。

僕たちの班は「他己紹介」を行いました!
院生と高校生がペアを組み、お互いインタビューを行い、情報を引き出します。
引き出した情報の中から、おもしろいと思ったものを選び出し、みんなの前で発表します。
どの発表も、相手の個性がうまく引き出されており、もっと知りたい!
と感じさせてくれるような他己紹介になりました!


みんないい笑顔!なんの話をしているのでしょう・・・


そして、いよいよミッション作成の時間です!
今年度のDENEB班のテーマは、
地球型惑星における多様な環境の形成過程
についてです!


このテーマに基づいて高校生のみなさんに事前に宿題を出し、
A4枚程度で発表してもらいました!図表を使ってきれいにまとめてある資料や、
なぐり書きしたような資料など、個性豊かでしたね。


高校生が、それぞれが調べてきたことを堂々と発表していて感動しました。
初日から高校生の意欲の高さに感動しっぱなしでした。
宿題発表の後は、それぞれの発表に対して、疑問点や気になったことなどをふせんに
書きまくりました。
その後は、高1のはやてにファシリテータを押し付け、ミッションの方向性(背景と目的)
を議論します。


この段階では、大まかに分けると、金星探査vs火星探査という構図ですね。


左: 宿題を発表するゆっきー、右: ふせんを整理するみんな


分類を説明するはやて


みんな議論に集中しすぎて、いつの間にか夕食タイムです!!やった!
今日は班ごとに座って、仲良く食べます。
まず、食事の前に、國中所長から宇宙研のこれまでの取り組みや、将来高校生たちの
世代が担うプロジェクトに関するお話をしていただきました!
高校生も院生も、目をキラキラさせながら聞いていました!宇宙って素晴らしい!
なんと、初日の夕食はステーキニンジン!ステキすぎる!
ひなた?は僕にニンジンを分けてくれました。優しい。
謎にご飯を鬼盛りにされてしまったので、僕はヒィヒィ言いながら、
1時間くらいかけてようやく食べ終わりました。匕ヒン

また、食事の後には、共通点を探すレクリエーションを行いました。
DENEB班はあと一歩のところで優勝を逃してしまいました・・・
おそらく馬キャラを貫いた僕のせいです・・・すみませんでした。


仲良くDENEBポーズ!


夕食の後は、気合を入れ直し、再びミッション作成に取り組みます。
激論の結果、火星派の高校生たちが金星探査にも興味を持ってくれたので、
DENEB班は「金星の過去の地形」について探査することになりました!
他の人が調べてきたり、考えてきてたことでも、
おもしろそうなものだったらちゃんと興味を持つことって、実は難しいことですよね!


残りの時間で、ミッションの背景・目的をしっかり考えていきます!
ここの論理構成がしっかりしているかどうかは、今年のきみっしょんでは
かなり重視している部分です!

ファシリテータのはやてや、金星の地形に詳しいひろっちを中心に、
火星派だったりりかやゆっきーも含め、みんなが疑問に思っていることをぶつけ合います。

なぜ金星の地形が知られていないのか?
なぜ過去の地形を知りたいのか?など、みんなで考えていきます。


議論が行き詰ったり、情報が足りないと感じた時は、調べ学習を行います。
その後には、必ずみんなで調べたことを共有し、意見を出し合います。

調べ学習の内容や時間などは、基本的には全て高校生が自主的に決めます。
院生があまりアドバイスをしなくても、
高校生たちは自主的にグイグイ進めてくれました!


議論の時はみんな真剣な表情です!ぴか!


なんとか班としての考えがまとまったところで、作業報告会の時間です!

作業報告会は毎晩行います。

高校生が、ミッションの内容やその日の進捗状況を院生に対して発表し、
院生がアドバイスをするというイベントです。

ミッション作成では高校生の自主性を重視してきた院生たちも、
この作業報告会では思ったことをグイグイ発言します。

初日は自分の班の院生たちが、自分の班の高校生に対してアドバイスを行います。
背景や目的のつながりの曖昧さへの指摘や、
金星の地形を調べると何が明らかになるのか?
といった鋭い意見が飛び交っていました。


この後、報告会で出た指摘などをもとに、
明日のミッション作成のスケジュールを高校生自身で決めました。
曖昧なスケジュールでは時間どおりにいかないので、
時間単位でなにをするかといった詳細なスケジュールをたてました!
大まかには、午前中に背景・目的の詳細を検討
午後に目的を達成するための手段の検討に入るそうです!


初日は、お互いのことをよく知らない中で、
探り探り議論をしていた感じでしたが、
徐々にお互いのこともよくわかるようになり、仲も深まってきました!
明日もがんばろー!明日もステーキ食べたいなー.


2日目
みんなぐっすり眠れた?みたいで、2日目もまだまだ元気です!
今後のミッション作成において、今日はかなり大事な日です!

今日の午前中のファシリテータは、ゆっきー!

午前のミッション作成の時間では、背景・目的をもう一度詳細に検討しました。
なんで金星に着目したのか?
金星の過去の地形って具体的にはいつぐらいの地形なのか?
金星の地形を調べると何が明らかになるのか?、

このような点をさらに詳細に検討しました!
かたやひなたも、思ったことをドンドン発言します。
しかし、午前中では、みんなが納得するところまでは到達できませんでした。
人生は基本的にはうまくいかないので、仕方ありません!
でも、問題点にしっかり向き合って、み
んなが納得するまで議論すれば、きっとうまく行くはず!


2日目スタート!!


午前中のミッション作成の後には、あの
「はやぶさ2」のプロジェクトマネージャである津田雄一先生にご講演いただきました!
講演内容は、津田先生が関わられてきたプロジェクトでは、
やりたいことをどのように実現してきたかについて。

今後、目的に対する手段を検討していく高校生にとっては、非常に参考になる講演でした!
はやぶさ2の最新の成果についての話もあり、DENEB班の高校生も積極的に
質問していました。
終わった後には津田先生のサインを求め、
タピオカミルクティー店並の行列ができていました。
院生もちゃっかりサインをもらっていましたね。


真剣な眼差し!


講演の後は、ご飯でも食べて気分転換しましょー
ご飯の時もミッションの話をしちゃうくらいみんな真面目なので、
院生が必死でくだらない話をしまくります。


2日目はイベントが盛りだくさんです。
ご飯の後は、楽しい楽しい所内見学の時間です。
僕はお留守番をしていたので詳しくはわかりませんが、
砂場を動くローバ、再使用ロケット、はやぶさ2の管制室
を見学したそうです。ロボット好きなかたやりりかは大興奮!?
ローバの操縦やりたかったなー。


まつけんが砂場に!!


イベント盛りだくさんな2日目は、意外と時間がないんです。
夕食までの残りのミッション作成の時間では、ファシリテータをひろっちにバトンタッチし、
背景・目的を引き続き検討しました。

院生のアドバイスも取り入れつつ、なんとか背景・目的が固まりました。
みんな粘り強くがんばった!すごい!
その後は、その目的を達成するための適切な手段を検討しました!

手段を検討するには、
まずこれまでの金星探査や地下探査でどのようなことが行われてきたのか
を知る必要があります。
そこで、まず、調べ学習を行いました!
すると、トモグラフィやボーリングなどによる探査が代表的であることがわかりました!

また、金星探査では、高温・高圧対策や、硫酸の雨への対策が重要なようです!
僕は暑いの苦手なんで、絶対そんなとこ行きたくないですね。


みんなを引っ張るひろっち!ニンジンカラーが素敵です!


過去の探査例や金星探査の難しさがわかったところで、
ブレスト(ブレインストーミング)を行います!
みんなが思いつく手段を、可能な限り書き出します!
今回は、30秒につき1枚をふせんを書き、合計60枚のアイデアを出しつくしました!
30秒はなかなかのスピードなので、終わったころにはみんな頭がオーバーヒートしちゃったみたいです・・・


そんな中、タイミングよく夕食の時間がやってまいりました。
今日のご飯はとんかつです。
いつもニンジンしか食べない僕にとって、2日続けての肉は最高でした。
高校生のみんなも、オーバーヒートした頭を、とんかつでクールダウンできたみたいです。
ちなみに、2日目の夕食は、初日と異なり、席をシャッフルしました!
みんな積極的に他の班の高校生や院生と会話していました!


さて、夕食後のミッション作成の時間では、ブレストの結果をみんなで整理しました。
似ているアイデアなどで分類し、どの手段が目的に対して適切かを議論しました。

ある程度、手段の候補が決まると、さらに調べ学習を行い、深く検討しました!
トモグラフィ、ボーリング、ローバで岩石採取など、
様々なアイデアの中から、大まかに手段を決定していきました。


アイデアが発散してます!


2日目の作業報告会では、他の班の院生に対して高校生が発表します。
これまでの議論の流れを全く知らない人達へ向けて発表するので、
論理構成がしっかりしていないと大変なことになってしまいます。

報告会では、結局地形の何を知りたいのか?組成なのか?形なのか?
その知りたいことに対して手段は適切なのか?、といった指摘が出ました。

背景・目的については何度も議論してきのですが、初めて聞く人達を納得させることは
なかなか難しいことですね。

院生でさえ、研究発表をするときは、その研究の意義をわかりやすく伝えることに苦労します。
なので、高校生にとってはものすごく大変なことだと思います。
でも、高校生の段階で、そういった難しさを実感できるのは素晴らしいことですね!
2日目も無事終わり?明日は中間報告会です。
がんばりましょー

3日目
午前中のミッション作成では、昨日の作業報告会で指摘があった点を深く検討します。
午後の中間報告会まで時間がないので、3チームに分かれ検討を進めました。
ちなみに、今日のファシリテータはりりかです!
3日目にもなると、みんな自分の意見をしっかり発言できるようになりました!
素晴らしい!


笑顔で司会を難なくこなすりりか


特に午前中は、背景・目的の整理、スライド作成、サクセスクライテリア
(ミッションの成功基準)の設定、実現可能性も含めた手段の詳細な検討などを行いました!

サクセスクライテリアを考えることで、自分たちが何を知りたいのか?
それを実現するには、段階的にどのような探査をすべきかが明確になってきました!

検討の結果、
金星の5億年以前の地形の起伏とその組成を知るために、探査手法を2つに分ける
ことになりました。

トモグラフィーでは地下の起伏を、ローバなどで地表にある岩石の組成を調査します!


調べ学習も大事です!


ミッション検討もより具体的になってきたところで、院生ミニ講演の時間です!
院生スタッフのくれさんとしゅうさんに、自らの研究内容や高校生へのメッセージ、
スライド作成の仕方について発表していただきました!

まさに、今中間報告会のスライドを作成している高校生にとっては、
ベストなタイミングでした!


あのゆるキャラセンスありますね!


さて、中間報告会に向けてラストスパート!!
お昼ご飯の時も、中間発表に向けて議論をします!

その後のミッション作成の時間では、役割分担をし、
ギリギリまでミッションを検討します!

なんと、金星探査機「あかつき」のプロジェクトマネージャである中村正人先生に、
ミッションへのアドバイスをしていただきました!
月周回衛星「かぐや」に搭載されているレーダを調べてみてはどうかというコメントを
いただきました。

実際の金星探査機を運用されている研究者のお話を聞いて、
高校生のやる気もMAXに到達します!!

手段の検討がギリギリまでかかったので、手段の部分のスライド作成には
あまり時間をかけられませんでしたが、なんとかスライドも完成しました!


中村先生のお話を真剣に聞いています!


いよいよ緊張の中間報告会です!!!
他の班の高校生、院生、JAXAの職員の方々に対して発表します!!!
発表5分・質疑応答5分です!!!
ただ聞いているだけの院生も、緊張で足汗が止まりません!!!匕ヒン!!!
しかし、発表している高校生は堂々としており、高校生とは思えない発表でした!!!
みんなでうまく役割を分担し、乗り切りました!!!


素晴らしい発表でしたが、まだまだミッションの中身自体は検討不足です。
過去の金星探査機と比較して何が新しいのか?熱対策はどうするのか?
など、厳しい質問がバンバン出ました!

さらに、現在考えている計測機で地形が本当に見れるかを定量的に示したらどうか?
といったアドバイスもありました。


堂々とした発表です


現役の研究者の方々の質問は、高校生にとっては恐怖ですが、
今後のミッション作成においては貴重な意見です!

今後のミッション作成では、中間報告会で指摘された点の検討と、
手段が適切かどうかの定量的(数値的)な評価を行うことになります!

しかし、最終報告会は明日の午後です!あまり時間はありません!

ファシリテータをひなたにバトンタッチし、今後のスケジュールを検討します。
高校生は、ここまでくると、今後なにをやるべきか、
どこまで検討できそうか、どのような時間配分で検討すべきかを考えるのが
上手になってきました。


みんなで真剣にスケジュールを検討中?


今後のスケジュールを決めたところで夕食です!
今日もお肉!!!


ご飯の後は、ひたすらミッション作成です!
ローバの代わりに

気球で岩石を採取する案、
レーダで地下の起伏を探査する案、
飛行機を使う案
も出ます!

さらに、過去の探査機を参考に、熱・高圧対策も本格的に検討し始めました。
金星の高度ごとの気温分布や、材料の融点などを考慮しながら、
数値的な評価も始まりました。
そして、作業報告会では、レーダや熱対策、岩
石の分析手法、定量化に関するアドバイスが数多く出ました!
明日はいよいよ最終報告会です!

4日目
午前中は、昨日に引き続き、チームに分かれてミッションを作成します!
特に定量化のところでは、院生も全力でサポートします!
みんな全力で脳をフル回転させて検討します!僕も何をしていたかあまり覚えていません!


総力戦


お昼ご飯になっても一向に議論を止めようとしない高校生!
集中力が高すぎですが、さすがにご飯は半強制的に食べてもらいました!


腹ごしらえ


ギリギリまでミッション作成、スライド作成をします!
かたは、ミッションシーケンスを検討し、
スライドに載せる図を手で書きます!丁寧な図です!

ひなたは、持ち前のデザインセンスで、スライドをおしゃれにまとめあげます!
ひろっち、はやては、定量的な評価にギリギリまで取り組みます!
りりか、ゆっきーも、気球のメカニズムや、熱対策についてギリギリまで検討します!
そして、いざ発表練習!

百戦錬磨の院生達のアドバイスをもとに、さらにスライドを修正します!
4日目は、高校生も院生も一丸となってミッション・スライドを作り上げました!
まさに、アベンジャーズ/エンドゲームの時のアベンジャーズ並みの結束力でした!!
そして、気づいたら最終報告会です!あっという間に時間が経ってしまいました!!


最終報告会は、発表10分・質疑応答10分!
時間も聴衆も、中間報告会の比ではありません!
みんなの足汗も琵琶湖並みです!!
さて、発表本番です!

DENEB班のミッション名は
VSX (Venus Subsurface eXploration)です。

なんと、初っ端からひなたがVenusとMarsを言い間違えるという、痛恨のミス。
緊張で足汗がハンパなかったみんなも、爆笑の渦に包まれてしまいました!笑

いい意味で緊張がほぐれたのか、みんな堂々と最後まで発表していました!
少し時間はオーバーしてしまいましたが、みんなが深く検討したことの表れですね。
発表原稿を作って、ギリギリまで練習した成果がちゃんと出ていました!

院生のみんなも感激です!
質疑応答では、質問の意図をしっかり理解し、適切な回答ができていたと思います!
JAXAの職員さんもおっしゃられていましたが、細部までよく検討されていて、
明日にでも打ち上げられそうなミッションでした!

4日間しかミッション作成の時間はありませんでしたが、
限られた時間の中でよくやり抜きました。


言い間違えるひなた

DENEBポーズ!


最終報告会のあとは、みんな待ちに待ったお疲れ様会です!!!!
テーブルには、お寿司刺身サラダニンジン・・・
この世の美味しいものをとりあえず全部集めました!みたいな感じです!
高校生が発表の余韻にひたる中、院生はもう発表のことなど忘れて、
目の前のごちそうを見てテンションMAXです!!]

しかし!!なんと!寿司にはわさびが入っていたのです!!!
もちろん僕はわさびが食べれないので、撃沈しました。
同じくわさびが食べれない事務局長のえみごんと一緒に、
悲しい時間を過ごしました。
とはいえ、発表も無事に終わったあとに、DENEB班のみんなで食べる食事は格別でした!
食事の後には、みんなの前で高校生が一言ずつきみっしょんの感想を話します!
ついでに班長へ一言メッセージをくれました。

のDIOのMCはスベり倒していましたが、高校生のコメントは感動的でした。
みんなお疲れ様!


ブレッブレッ


ひろっちの感動のスピーチ


お疲れ様会の後は、またまた悪夢の作業報告会!ではありません。
もうミッション作成は終わったので、座談会です!
この座談会では、高校生が院生スタッフと一緒に、研究や進路、
大学院、将来のことなどについて話し合います。

これまでは、ミッション作成に精一杯でしたが、
ここではいろんな話をして盛り上がりました!

5日目
とうとう最終日です!
実は、みんなにはまだやるべきことがあります。最終報告書用の作成です!!
ミッション作成が終わった達成感からか、なぜかみんな疲れた顔をしています。笑
この最終報告書は、きみっしょんのホームページで公開されるよーと伝えた途端、
みんなの眼の色が変わりました。笑
恒例の、お昼ごはんの時間を消し去る勢いで取り組みます!


仲良く最終報告書を書いています!

さすがにお疲れです。


最終報告書完成後、修了式を行いました!
ひとりひとり修了証を受け取り、記念撮影を行いました!
班長もひとりひとり挨拶をしました。
僕がみんなに伝えた座右の銘、覚えているかなー。匕ヒン


誇らしい笑顔!


そして、院生から高校生のみんなへプレゼント!
院生のみんなからのメッセージを書いた色紙と、
6つに切り刻んだDENEB班のパネルです!

雑に切り刻まれたこのパネルには、また6人が集まれば1つのパネルができあがるという
ロマンチックな意味が込められています。素敵。
僕からの熱いメッセージに、高校生は大号泣です。(大嘘)


みんなの驚いた表情がサプライズ心をくすぐります


そろそろお別れの時です。
みんなで交流棟を見学したり、売店でお土産を買って、記念撮影!
バスに乗り込みます!班長は駅までお見送りしました!
駅でも、名残惜しくて、しばらくみんなで話していましたね!
またどこかで会いましょー!


仲良く2ショット!


仲良く4ショット!
最後はやっぱり・・・DENEBポーズ!!!

<おわりに>
みなさん、5日間本当にお疲れ様でした!
今回のきみっしょんでは、「人に伝える力を養う」ことを指導方針としていました。

そのため、宿題では自分の興味のある地球型惑星について調べてきてもらい、
それを元に議論するという形にしました。
また、自分の意見や知識を積極的にみんなと共有することを大事にしました。
背景・目的・手段のつながりが論理的であるかどうかもしつこく指導しましたが、
人にわかりやすく自分のミッションや意見を伝えるには不可欠なことです。
DENEB班のみんなは、このような力が最初からある程度備わっていました。
このきみっしょんを通して、
さらにその力を成長させることができたのではないかと思います。


また、5日間みんなを見ていて、自分の感情に素直で、
思ったことや感じたことをちゃんと発言できているなと感じました。
これは、大人になってもすごく大事なことです。
これからも、自分の感情に正直に生きていきましょう!!
いろんことを経験して、自分の好きなこと、楽しいことを追い求めてください!
これから辛いことがいっぱいあるかもしれません。
そんな時は、宇宙が大好きな仲間たちと全力で取り組んだこの5日間を思い出しましょう!
匕ヒン!!


きみっしょん史上初の馬班長 ウマゴン